atsuko-uchimaki.com
Text Size :  A A A
|  News  |  Diary  |  About me  |  Contact  |
Img_2459cc0470b86b949a08b1805c7b692b36885c33
少々前の話になりますが、10/30のマンUvsトッテナムでの、握手のシーンより。えらく背の高いその男の子はとてもうれしそうで、ふわふわしてました。
Img_ac0b0c9aeea1af228994fc9d9c3d5dc6a7993df1
よっ!かっこいいよ!
リバプールに移籍してきたラウール・メイレレス。W杯では雨に降られて勢いのなくなった髪をハーフタイムにばっちり立て直してきたりと頑張っていましたが、9月下旬にすっぱりとスキンヘッドにしました。余計な憂いがなくなったからか、プレーも冴え冴えとして今とてもかっこいいなと思います。すっぱりスキンヘッドの偉大な先輩、カンビアッソを思い浮かべてみました。
Img_57a40fc497c568d12717b40bb6416de9c7b5b491
いいんですそれで!
今シーズンは夏季に思い切ったショートカットにせず、ちょいふわを維持しているR.カルバーリョ。マルコとバルバはちょいふわがいたくお気に入りのようです。
Img_13fa2ceb8a73e64081f8f1f324ee5ee2920e3f01
前にウルグアイの国歌斉唱のことを描きましたが、基本的にあの、選手と子どもたちと審判が一列に並んで、カメラがずーーっと撮っていく映像が大好きです。子どもたちは、カメラ目線だったり、選手にやさしくしてもらって照れていたり、段取りが分かってなくて右往左往してたり、とてもかわいいです。さらにその中に、ぽっちゃり気味の子や、度の強そうなメガネをかけているおとなしそうな子を見つけると、「やったな〜君!大舞台だぞ!」と声をかけたくなるというか、ほのぼのとした気分になります。そして、おとなしそうな子に優しく接してる選手を見ると、私の中でその選手のポイントUPします。そういうシーンを見ると、プレーや試合とは角度のちがう単純な「好き」が増えていくことが嬉しいと思います。
Img_41cf8cf49991fb145c0ea20175cf5afbc5e59f3c
やっぱ少女漫画家めざしてるのかな…
スロバキア代表に「ヤクブコ」というFW選手がいます。決勝トーナメント1回戦のオランダvsスロバキアでは、短い出場時間でしたけれども、倉敷さんがいい声で「ヤクブコ…ヤクブコ…」と実況されていました。いかにも東欧らしい顔の長身FWなのですが、「ヤクブコ」と名前だけ耳で聞いていると、どうもこんな顔が思い浮かんでしまいます。。。
ナイジェリア代表のヤクブの妹風で。
ちなみにつづりは、ヤクブ→ YAKUBU ヤクブコ→ JAKUBKO でした。